【レビュー】全ベーシストにおすすめのマルチエフェクター!!ZOOM MS−60B

機材

こんにちは、ヒロです

  • 「ベース用のエフェクターってどれを選べばいいの?」
  • 「もっと機材をコンパクトにしたい・・・」

そんな方に超おすすめなのが、
ZOOMのマルチエフェクター【ZOOM  MS−60B】です

ZOOMのエフェクターは

  • IKUOさん
  • 新井和樹さん(King Gnu)
  • 二家本亮介さん(ずっと真夜中でいいのにサポート)

などプロの方にも使われています

今回は、そんなZOOMの【MS−60B】について

  • おすすめな理由
  • 使っていて気になったところ

を紹介していきたいと思います!

おすすめな理由3つ

では、なぜおすすめなのか?

理由は次の3つです

  • 音色の豊富さ
  • コンパクトさ
  • 使いやすさ

それではそれぞれ解説していきます!

音色の豊富さ

音色数は100種類以上とめちゃくちゃ充実しています

  • コンプレッサー
  • 歪系
  • フィルター系
  • コーラスやフェイザーなどのモジューレション系
  • ディレイなどの空間系
  • アンプシミュレーター
  • プリアンプ

などなど必要な音色は網羅されています

これらの音色を同時に4つまで使うことができます

音色についても、本当にいい音ばかりです
特に、空間系、モジュレーション系は優秀すぎます!

初心者の方は、使ったことがないものばかりだと思います
なので使っていて楽しいし、発見もあり新しいアイディアにつながると思います!

ちなみに、僕が使っている音色は

  • M-Filter(Moog MF-101モデリング)
  • Bass Ensemble(コーラス)
  • Stomp Delay
  • Bass Booster(Xotic EP Boosterのモデリング)

ライブでも大活躍しています

正直、このエフェクターが一つあればほとんどのシーンで対応できます

コンパクトさ

サイズはBOSSエフェクターとほぼ同じと、非常にコンパクト!

この小ささのマルチエフェクターはなかなかありません

普段電車や徒歩で移動することが多い方は、
機材が多いとなかなか大変ですよね
(ベース自体重たいですし・・・)

チューナー機能もついているので、
これひとつベースケース に入れておけば、十分ではないでしょうか

使いやすさ

マルチエフェクターと聞くと

  • 「なんか設定が難しそう」
  • 「ボタンの役割が覚えられなさそう」

と思いますよね

実は、僕もマルチエフェクターは結構苦手です
直感的に音を作るのが難しく感じます

ただ、このMS-60Bは全然難しくないんです!

コンパクトエフェクターのような感覚で音作りが出来ちゃいます

基本的な操作はこんな感じ

  1. 歪系や空間系など、音色を選ぶ
  2. ディスプレイ下のつまみを回してパラメーターをいじる
  3. おわり!

簡単じゃないですか?

こんな感じで、コンパクトエフェクターのように
直感的に操作できます

使っていて気になったところ

おすすめの理由を紹介してきましたが、
使っていて気になったこともあります

それが次の3つ

  • 演奏時の音色切り替えがやりにくい
  • デフォルトのエフェクトレベルが大きい
  • 使用するパワーサプライを選ぶ必要がある

それぞれ解説していきます

演奏時の音色切り替えがやりにくい

音作りのときの操作性は良いのですが、
演奏中の音の切り替えがやりにくいです

というのも、演奏中踏めるスイッチが
実質中央のON/OFFスイッチだけなのです

そのため、表示されている音色の隣に設定した音色を選ぶ際は
しゃがんで手でボタンを押さなければなりません

この問題は、実機を改造して外付けのスイッチで操作できるようにすれば解決できます

近々その改造についての記事を作ろうと思います!

デフォルトのエフェクトレベルが大きい

どの音色もデフォルト状態の音量が大きいです

音作りの時に割とびっくりします笑

自分でレベルを下げればいいだけですが、
音色ごとにレベルのばらつきは出る可能性はありますね

使用するパワーサプライを選ぶ必要がある

マルチエフェクターなので、パワーサプライで電源を供給する場合、
次の2つは注意が必要です

  • 出力できる電流値
  • アイソレートタイプ(独立型)かどうか

ただし、専用のACアダプターを使う場合は、
この問題は気にしなくてOKです!

出力できる電流値

このMS-60Bは、消費する電流値が500mAです

つまり、パワーサプライ側の出力がこれより低いと
正しい動作がしない可能性があります

使おうとしているパワーサプライのスペックがどうなっているか
確認しておきましょう

アイソレートタイプ(独立型)かどうか

マルチエフェクターのようなデジタルペダルでは、
電源にノイズが発生しやすくなっています

このノイズが、パワーサプライを介して他のエフェクターに乗ってしまいます

つまり、ノイズの乗った電源が他のエフェクターに供給されてしまいます

この問題を防ぐためには、
アイソレートタイプ(独立型)のパワーサプライを使用する必要があります

おすすめのパワーサプライ

上記の電流とアイソレートタイプを満たしたおすすめのパワーサプライを紹介します

【VITAL AUDIO】POWER CARRIER VA-05 ADJ


【VITAL AUDIO】POWER CARRIER VA-08 MKII


まとめ 

今回は、全ベーシストにおすすめのマルチエフェクター
ZOOM MS-60Bを紹介しました

価格もほかのマルチエフェクターより圧倒的に安いので、
買いやすいのではないでしょうか?

メルカリなど中古でも安く出ているので、
ぜひ探してみてください!

ではまた!


コメント

タイトルとURLをコピーしました