【ベース】スラップが上手くなるアイテム、ピックアップフェンスを紹介!

ベース

こんにちは、ヒロです

今回はスラップが上手くなるアイテム、ピックアップフェンスについて紹介します

練習しても、スラップで安定して鳴らせない・・・

そんな方にオススメなのが、ピックアップフェンスです

↑こんな銀色のやつです

この記事では、

  • ピックアップフェンスがおすすめな理由
  • デメリット
  • フェンスの種類
  • ピックアップフェンスをつけたベーシスト

を紹介しています!

ピックアップフェンスがおすすめな理由

スラップ上達のために、フェンスをお勧めする理由は主に2つ

  • サムピングが安定する
  • サムピング→プルの流れが安定する

それぞれ説明していきます

サムピングが安定する

スラップのサムピングって、なかなか難しいですよね

弦に当たらなかったり
当たっても音が上手く鳴らなかったり

フェンスがあることでその要因である、右手の不安定さを解決できます

フェンスがあるときのサムピングは、
手の腹をフェンスに向かって叩きつけるイメージで弾くと上手くいきます

フェンスに叩きつけた結果、その勢いで親指が弦にあたり上手く音を出すことができます

弾いた後も、右手は手の腹で支えられているため
安定したフォームを保つことができます

サムピング→プルの流れが安定する

先ほど説明したように、
サムピング後の右手は安定したフォームになっています

そのため、右手がふらふらしないので
サムピング→プルの流れも安定して弾くことができます

デメリット

ピックアップフェンスをつけることでスラップが弾きやすくなることは紹介しました

ただ、フェンスをつけることによるデメリットもあります

  • ピッキング場所が制限される
  • 慣れるまでピッキングがやりにくい
  • ベース本体に穴をある必要がある

ピッキング場所が制限される

フェンスをつけることで、フロントピックアップの真上が弾けなくなります

このポジションは、甘くていい音が出ます
表現する上で、音の選択肢が減ってしまうのは残念です

このデメリットを考慮して、幅の小さいフェンスも売っています

慣れるまでピッキングがやりにくい

フェンスがあると指弾き時のフォームが大きく変わります

ピックアップの真上が弾けないため
親指と、人差し指と中指の位置が変わります

慣れれば問題なく弾けますが、
なかなか時間はかかると思います

ベース本体に穴を空ける必要がある

フェンスはネジで本体に装着します

そのため、ピックガードとボディに穴を空ける必要があります

ベースによっては、元々空いているものもありますが
空いていない場合も多いかとお思います

穴あけが不安でしたら、迷わずお店にお願いしましょう

「試してみたいけど、穴は開けたくない!」
という方は、まずは両面テープなどで固定してみるのもいいと思います

フェンスの種類

フェンスの種類(メーカー)もいくつかあります

ここでは代表的な3つを紹介していきます

  • Fender
  • ESP
  • Atelier Z

Fender

元祖ピックアップフェンスといえばFenderです

元々は、ピックアップを保護する目的で取り付けられたものです

特徴はフェンスの幅が大きいことで、
右手を広く置けるため安定感がでます

ただし、フロントピックアップ真上など
弾けない面積が大きくなるデメリットがあります


ESP

Fender製のデメリットを改善したものの一つが
ESPのピックアップフェンスです

このフェンスの特徴は、1弦側と4弦側で形状が異なっていることです

4弦側では、ブリッジ側がカットされた形状になっています
そのため、指弾き時のピッキングの違和感が少なくなりま

また、1弦側はネック側がカットされているため、
スラップ時に小指が当たる心配もありません

フェンスの高さを調整するスペーサーもついているのもいいですね


Atelier Z

デメリットを改善した他のものが
Atelier Zのピックアップフェンスです

このフェンスの特徴は、フェンスの幅の小ささです
Fenderタイプのものの、半分程度しかありません

ピッキングできないポイントを最小限にしつつ、
スラップも弾きやすくなるのでおすすめです

他のメーカーとは違い、色も「金、銀、黒」と3色あるので、
自分のベースにあったものを選ぶことができます

ちなみに、このメーカーのフェンスはもう一種類あり
フェンダータイプと、細いタイプの中間の幅のものです

ある程度幅があった方がいい場合はこちらもおすすめです

ピックアップフェンスをつけたベーシスト

ここでは、ピックアップフェンスをつけたベーシストを3人紹介します

詳しい説明は省きますが、動画とともに紹介していきます

  • Marcus Miller
  • Will Lee
  • 日野”JINO”賢二

Marcus Miller

ピックアップフェンスをつけた、スラップスタイルはこの方が流行らせた
と言っても過言ではないです

スラップがメインの奏法で、
サウンド、フレーズともに真似したくなる、最高にかっこいいベーシストです

Marcus Miller Scoop [HQ]

Will Lee

超一流スタジオミュージシャンで、
この方が弾くと曲が何十倍もカッコよくなります

スラップがメインの奏法ではないですが、
フレースのアクセント的に使うスラップはとても参考になります

Tommy Igoe & The Buddy Rich Big Band: The Chicken

日野”JINO”賢二

日本を代表するベーシストの一人です

とてもアグレッシブなベーシストなのですが、
うるさくなりすぎず、曲をよりカッコよくするフレーズばかりです

FenderJazz Club

まとめ

スラップが上手くなるアイテムとして、ピックアップフェンスを紹介しました

個人的には、フェンスをつけたときの存在感も好きです
他の人とは違う個性も出すことができますね

1つフェンスをつけたときの注意点としては、
「あの人はスラップが得意なんだな!」と周りに思われることです

必死に練習して、ドヤ顔でスラップ弾いてやりましょう!笑

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました